飯田屋の歴史

飯田屋の歴史

昭和時代の飯田屋商店

明治初期の行田市郊外の農家においては、白瓜が大量に生産されておりました。

初代飯田常次郎が行田にて親交の深かった有名な酒屋さんより酒粕を調達し、瓜を乾燥、塩漬けして酒粕に漬けて販売したところ大変評判となりました。

その後、塩漬け、下漬けから本漬けまで長い年月をかけて奈良漬のおいしい漬け方・素材を追求し、創意工夫を繰り返して受け継がれ、今日の飯田屋の奈良漬に辿り着きました。